活動ブログ

事務所リノベ④

  • LINEで送る

さて、いよいよ解体も終わり次なる展開へ。

と、その前にお掃除、お掃除。

かなりさっぱりしたものです。解体前には信じられない光景です。

ですが、達成感に浸るも束の間。
「よおし、やるぞ!」 と言う事で意気込み、あれやこれやと様々なプランを妄想するも、その前に大事な大事な、地味な作業が待ち受けていました。

これら4枚全ての写真が物語っていますが、これで次なる工程を組み立てられたあなたはプロかもしれません。

列挙すると、
・コンクリートブロックを斫った後の床のデコボコをならす。
・剥き出しになった壁の下地の修正、断熱、ボード貼り
・採寸

あれ、3行でおさまった、、、、汗

いやいやいや、とてもとてもわずか3行でおさまる工程だったとは思われたくない、どうしたものか、、、、
そうなんです。地味すぎる作業が多すぎてあまり写真を撮っていなかった、、、泣

しかし、全行程の中で、この工程が一番、頭と身体共に両方使ったかもしれません。
・断熱には何を使おうか?
・ボードをどの様に貼るか?
・壁の厚みが何センチなので、ボードの厚みは何ミリのものを使うのか?
・ボードの長辺と短辺をどの様に組み合わせて切断して貼るのか?
・えっ! 壁の長さが均一じゃない? 厚みも違う?!
・・・・・・

いやぁ~、地味です! 地味すぎる(笑)

書いていて思い出してきました。

・ちょうど良いサイズのボードを探す日々
 カインズホーム、スーパービバホーム、ダイソー、キャンドゥー、、、、、
 色々探した結果、歩いて20~30分の距離の島忠ホームで発見。
 (ボードを抱えて歩いたなぁ、、、、)
・解体作業の時に購入した電動ノコで切断を試みるも薄いボードなので手ノコで切断作業
・とにかく、厚みと長さを揃えるのに時間と神経を使いました。

改めて、設計・建築士さん、職人さんって凄いなぁと感じました。、、しみじみ、、、

この一番地味な工程のブログ、1回で終了かと思っていたら長くなりそうです。
この続きは、また次回で。

つづく

友だち追加

物件のお問い合わせ等は下記から